忍者ブログ
日々を徒然なるままに。
[133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一月ってこんなにも長い月だったのかと思っている今日この頃。
なぁ~んにもやることがないはずなのに、気分的に忙しい。
あ、病んでいるわけではないですよ。(笑)
むしろ、気分的に穏やかで、イライラしていたのも嘘のように、本当に穏やか。
今日の朝に半覚醒状態でみた夢がいい感じに作用しているようです。
その夢の話は、なんとなく書き留めておきたいなとおもったので、「続き」に書きます。
読みたい方、どうぞwwミラクルワールドですがww
夢もそうなのですが、やっぱり一番がメールのおかげです。
心配してくださった方のメール、ほんとうにアリガトウございましたww
あ、そして、一昨日親友Tの誕生日だったのですww
おめでとうwww
一般試験中なので、メールを送らないでおこうかと思ったのですが、送ってしまいましたww
返信はないだろうと思っていたのですが、昨日、帰ってましたww
私と親友Yと遊ぶために(ここ嬉しかったww)合格してくる!!そうですww
本当に、親友2人ともがんばってほしいです!
そして、夢をかなえましょうww
というのも影響してか、昨日からのろのろと部屋の掃除を始めました。
明日も続きそうです。このままの調子では・・・。(苦笑)


そして、溜まっていたものを一気に解消!!
行動をし始めました!!
今回のようにやる気をなくすのは、回りに甘えずに結局一人で何でもかんでもやってしまうことが原因かなと思ってるんですが。(いかがでしょう?笑)
積もり積もって、どうにもならなくなったとき、一人で爆発してやる気をなくす。(なんか最悪ですね。笑)
少し、物事をゆっくり考えることも必要かなとまなびました。
えっと、ご迷惑をかけてしまった方、すみませんでした。
周りへの甘え方がわからないんですけどね。
模索中です。Σd(゚∀゚。)

さて、今無性にマドレーヌが作りたい。
材料よ、天から降って来い。(爆)

でわwwノシ

さてさて、夢のお話です。
夢は夢らしく、私的に突っ込みどころ満載でした。(笑)

舞台は私の高校。
いつもの教室とは違い、記念会館と呼ばれる古い校舎。
床の木の板が歩くたびにきぃきぃ音を立てるの教室の中、友達数人と、なぜか親友Tが。
親友Tは高校、違います。
そして、私と友達は高校の冬の制服なのに、親友は中学の夏服。(笑)
季節はわかりませんでしたが、濃紺のセーラーに一人白のカッターは目立ちました。
そして、親友は違和感なく友達と溶け込んでいて、親しげにしゃべってました。
「なにしてるん?」と私が声をかけるも無視。orz
むっとしたとたん、目の前の親友が私の手首をつかんで「早く!こっち」と三階へと階段を上がっていきます。
ちなみに記念会館は二階建て。∑(´□`;)

ここから、ミラクルワールド突入です。

手を引かれたまま何回も階段を上って、「ここ!」といわれ入った部屋が、さっきの教室。orz
「はっ!?なんで!?」と教室の入り口に突っ立ったまま自分のたどって来た道を思い出そうとしていると、後ろから肩をたたかれました。
「この教室、レクリエーションで使うから帰って」と見知らぬおばさんが私の肩に手を置いたままいいます。
レクリエーションって何!?とおもう私をよそに、周りのみんなは「はーい」と、当然のように答えるのです。
そして、そのおばさんの後ろから出てきた人が。
(遠い)親戚のおばさんだったのです。
ただ、どこか、違う感じなんですよ。
姿は親戚のおばさんなのに、違うんです。

そして、ここから、私がミラクルさんになります。(笑)

「あなた、―本名―さんね?」と親戚のおばさん。
私を忘れたのか?と思ったのが私の最後の思いでした。
「はい」とその夢に順応し始めた『私』が答えるんですよ。
「あなたは本物?」とおもむろに聞きだす私。(なにが本物!?w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w)
親戚のおばさんはゆっくりと教室の中央の席に座って、私を見つめてきました。
『私』も親戚のおばさんの前へ移動して目を合わせました。
「あなたのひいおじいさまのこと、知ってるわ。」と親戚のおばさん。
ちなみに、私はひいおじいさんのことなんて全然知りません。(爆)
なのに、『私』は嬉泣き。
目が覚めたら何で泣いたんだって思ったんですけど、そのときは嬉しさで胸がいっぱいでした。(苦笑)
「ひいおじいさまをしっているんですか!?」
と感極まった声で『私』が言うと、親戚のおばさんが、言うんですよ。
その言葉が、心を穏やかにしたというか、その言葉を聴いてイライラが無くなったんですよ。
不思議ですね。
それが。
「東西に風が吹きぬける路の先、そこにいるよ。さぁ、おいで。」
です。
?ですよね。
その言葉を聴いて、『私』はおお泣き。
親戚のおばさんは消えて行って、目が覚めました。

う~ん、ミラクルワールド過ぎて、本当に意味がわかりません。
てか、なんで、おいでって誘われてるの!?(笑)
本当にわからないんですが、書き残したかったなと思って書きました。
夢なので、わけわかんないですね。
ほんとうに、なんだったんでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
黎乃 逢歌
性別:
女性
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[04/04 やすこ]
[08/23 missing]
[03/05 ゆめびと]
[03/04 清香]
[03/04 なぎ]
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析

Copyright (c)ヨウコソ、Lonely girl・・・。 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]